ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、観たもの読んだものの感想を書きためるブログです。

moto g7シリーズは売れる?難しいコスパ争い

みなさんこんにちは。

 

少し前の話ですが、モトローラが新機種を3つ同時に発表しましたね。

store.motorola.co.jp

今回発表されたmoto gシリーズは、モトローラスマホの中ではエントリーモデルに位置付けられるスマホですが、そこのラインナップに一度に3機種投入は中々の冒険です。

が、社長は自信満々でインタビューに答えています。

japanese.engadget.com

 

上の記事によると、今回の発表でこだわったのは「グッド・ベター・ベスト」だそうです。

3機種ともメモリ4GB、ストレージ64GBの基本仕様は統一されてます。

それ以外の仕様はこんな感じ。

 

moto g7 power

moto g7

moto g7 plus

CPU

Snapdragon632

Snapdragon636

ディスプレイ

6.2インチフルHD

6.24インチフルHD+

アウトカメラ

1,200万画素

1,200万画素+500万画素デュアルカメラ

1,600万画素+500万画素デュアルカメラ

インカメラ

800万画素

1,200万画素

バッテリー

5000mAh

3000mAh

価格

¥25800

¥30800

¥38800

 

これは・・・

正直、ZenFone MAX Pro M2か ZenFone Max M2を素直に買っておしまいでしょう・・・

ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL) | スマートフォン

ZenFone Max (M2) (ZB633KL) | スマートフォン

 

まずmoto g7 plus(ベスト)。ほとんど同じ価格でSnapdragon660を積んでいるZenFone MAX Pro M2にCPU性能で負けてます。というかこの2機種の対決に限っていえばメモリ・ストレージ・ディスプレイが同等のスペックなだけで、他は全てmoto g7 plusの負けです。

せめてなぜ5000mAhバッテリーを積まなかったのか・・・非常に悔やまれます。

 

そしてmoto g7(ベター)。ROYの持っているZenFone MAX Pro M1(の、新発売時)が価格帯的には競っているのですが、すでに型落ちの機種と比べている時点でお察しな上にメモリ・ストレージ以外はZenFone MAX Pro M1の方が上。

 

最後にmoto g7 power(グッド)。実はこの端末については、ちょっとだけ「売れるのでは」と思っています。これだけは明確にZenFone MAX M2と価格や機能で微妙に上回っています。特にバッテリーについては、25000円で5000mAhはこの機種だけ。強いアピールポイントがあるので、家電量販店の方も積極的に売りにきそうです。

 

とまぁ、「グッド」なmoto g7 power以外はこき下ろしてしまいましたが、独特なデザインが好きとか、そもそもmotoブランドに愛着のある方には待望の新機種かと思うので、購入を検討してもいいのではと。

コスパがいいという面で買おうとしている方については、他社スマホとしっかり比較することをオススメします!何を重視してコスト比較するかにもよりますが、正直powerを除いて抜きん出ていいところがある端末ではないので、あまりオススメできる端末ではないです。

とか言ってまたPixel3aみたいに大人気になったら恥ずかしいですが・・・

 

ではまたー( ^_^)/~~~

 

 

 

ちなみにさっきから比較しているZenFone MAX Pro M2か ZenFone Max M2については過去記事でもちょっと書いているので興味のある方はぜひ。

kansou-roy.hatenablog.com