ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、観たもの読んだものの感想を書きためるブログです。

Xperia復権? ソニーが送り出すフラッグシップ「Xperia1」の抱える課題

みなさんこんにちは。

 

いよいよ今月、日本でもXperia1が発売ですね!

f:id:ryorx1104:20190608224446j:image

スペック見るだけでiPhoneユーザーのROYでも涎の出るような端末です。

何気にフラットに戻ったデザインも非常に魅力的ですよね。

 

www.sonymobile.co.jp

そんなXperiaですが、いくつか気になる点もあります。

 

自由度が低い

Xperiaといえば各界のクリエイターが「だから私は〜」と紹介するCMが一時期流行りました。また、Android自体が、個人のカスタマイズをある程度許容しているOSでもあります。

そんなクリエイティビティなイメージなのに、Xperia1は自由度が低いんです。

まず、これまでのXperiaと同じく、国内モデルはキャリアでしか購入できません。したがってデザリングはデフォルト状態だと使用不可(利用のためには別料金が必要)。

かといってグローバルモデルはFelica非対応な上にそもそも技適通ってないので使えないという不条理。

国内版でSIMフリーモデルを作れば確実に需要があるのに、勿体無いな、というのが素直な感想です。

 

イヤホン端子がない

嘘だろ・・・何を売りにしてんだよ・・・と言いたい気持ちでいっぱいですが、少し前から廃止されたイヤホンジャックは今回も未搭載。ソニーってウォークマンの会社じゃないのかよ・・・と突っ込まざるを得ません。まあ最近はワイヤレスイヤホンも作ってるから仕方ないんですかね。

 

ワイヤレス充電もない

そんなワイヤレス化が進むソニーも、Type-Cだけは愛してやまないようです

最近の海外メーカーのハイエンドスマホはこぞってワイヤレス充電に力を入れてます。

どちらかというと、この充電形式は実用性よりも見た目のスマートさが目をひくもので、Xperiaユーザーにも十分訴求できる機能だと思うのですが、今回は実用性をとったんですかね。だったらイヤホンジャックも付けr(ry

 

 

しかし、抗えない魅力もある。

そんな色々微妙なポイントの多いXperia1ですが、なんと言っても世界初の4K有機ELディスプレイ搭載。

そして超広角レンズを含めた純正トリプルカメラ。

特にカメラは安心のソニー品質とあって、かなり期待できそうです。広い画面を十二分に使用できる純正カメラアプリとも非常に噛み合ってます。


Xperia1 Cinema Pro 手ブレ補正効果テスト

 

いろんなマイナス要素はありつつも、まさにフラッグシップと言える性能で登場するXperia1。

みなさんも興味があればぜひキャリアのショップへ。

 

ではまた( ^_^)/~~~