ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、思ったこと、ライフハックになりそうなこと(主にガジェット系)を綴るブログです。

平成最後のランキングからみる、令和のモバイル動向予想

みなさんこんにちは。

 

明治維新以来、久々の明るい改元、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

ROYは生まれてからほぼ平成で生きてきたので、実質初の改元に何故だかすこし緊張しています。

こんなやつがやってる当ブログですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

さて、一応このブログは割とガジェット、特にスマホ業界よりのトピックをよく取り扱っているので、令和のスマホ業界がどのような動向になるのかをみていきたいと思います。

今回はファクトベースとして、価格.COMの人気ランキングをみながら、動向を予想していきたいと思います。

 

価格.COMスマートフォン人気ランキング上位20>

※集計期間:2019/4/23〜2019/4/49分より抜粋

 

メーカー

キャリア

機種

価格

1

HUAWEI

SIMフリー

HUAWAI P20 lite

¥19990

2

HUAWEI

SIMフリー

HUAWAI nova lite 3

¥24656

3

ASUS

SIMフリー

ZenFone Max (M2)

¥27779

4

SHARP

SIMフリー

AQUOS sense2

¥27587

5

HUAWEI

SIMフリー

HUAWAI nova 3

¥39966

6

SAMSUNG

ドコモ

Galaxy S9

¥10368

7

SONY

ドコモ

Xperia XZ3

¥51840

8

HUAWEI

SIMフリー

HUAWAI Mate 20 Pro

¥87846

9

SONY

au

Xperia XZ3

¥49680

10

ASUS

SIMフリー

ZenFone Live (L1)

¥14700

11

PALM

SIMフリー

Palm Phone

¥44798

12

HUAWEI

SIMフリー

HUAWAI P10 Lite

¥15779

13

ASUS

SIMフリー

ZenFone5

¥42330

14

SONY

ドコモ

Xperia XZ Premium

-

15

SONY

ドコモ

Xperia XZ2 Compact

¥10368

16

HUAWEI

ドコモ

HUAWAI P20 Pro

¥31104

17

SONY

ドコモ

Xperia XZ2

¥15552

18

SHARP

SIMフリー

AQUOS R2 compact

¥69639

19

APPLE

ドコモ

iPhone XR 64GB

¥34344

20

SAMSUNG

ドコモ

Galaxy Note9

¥80352

正直表にしてみたものの、これだとよくわからないのですこしフィルタリングしてみようと思います。

 

 

 

<キャリア端末でランクインしている機種>

 

メーカー

キャリア

機種

価格

6

SAMSUNG

ドコモ

Galaxy S9

¥10368

7

SONY

ドコモ

Xperia XZ3

¥51840

9

SONY

au

Xperia XZ3

¥49680

14

SONY

ドコモ

Xperia XZ Premium

-

15

SONY

ドコモ

Xperia XZ2 Compact

¥10368

16

HUAWEI

ドコモ

HUAWAI P20 Pro

¥31104

17

SONY

ドコモ

Xperia XZ2

¥15552

19

APPLE

ドコモ

iPhone XR 64GB

¥34344

20

SAMSUNG

ドコモ

Galaxy Note9

¥80352

個人的にショックなのは、ここにしかiPhoneが存在しない(SIMフリー端末でのiPhoneのランクインはトップ50まで広げないとない)ことです。機種としてもiPhone XSiPhone XS Maxはなし。正直、これまでいかにブランドイメージ先行でiPhoneが売れてきたかが如実に表れていると思います。

 

また、結構興味深いのは、キャリアの中でもドコモばかりランクインしていること。これは、docomo with対象端末を含めて、値下げした端末が軒並み売れているということでしょうか。端末と料金の完全分離制施行前ということで、凄まじい駆け込み需要があらわれてきた結果だと想像できます。

 

 

<50000円以上の価格でランクインしている機種>

 

メーカー

キャリア

機種

価格

7

SONY

ドコモ

Xperia XZ3

¥51840

8

HUAWEI

SIMフリー

HUAWAI Mate 20 Pro

¥87846

18

SHARP

SIMフリー

AQUOS R2 compact

¥69639

20

SAMSUNG

ドコモ

Galaxy Note9

¥80352

本当は8万円以上の端末で絞り込みたかったのですが、あまりに対象が少なすぎたので枠を広げました。

SIMフリーでも、こう言った高価格帯の端末が売れているのは結構驚きです。

また、それぞれの端末に特徴があるので、こういう機種を買う方はなんらかのこだわりがある=他メーカーの端末に移りにくいユーザーなのではと思います。

 

 

ランキングから見えてくるもの〜やっぱり価格至上主義〜

さて、このランキングからわかるものは、

未だ価格がユーザーが一番優先する要素であるということです。

よほどのブランド価値&特徴がない場合、50000円以下(実質価格含む)の価格で出さないとユーザーの心には響かないと考えられます。(逆に、SIMフリーだろうとキャリアだろうと関係なく、この価格帯を意識すればそこそこ売れる端末になる可能性が高いということ)

 

例えば、今話題の5Gスマートフォンは、高価格帯での提供になることが予想されるため、マーケティングをしっかり考えないと、普及は立ち遅れていくことになると予想することができるのです。 端末価格と通信料金の完全分離制がスタートするにあたって、この傾向はさらに強くなると予想されます。

 

以上を踏まえると

・50000円以下で手に入るスマホ

・そこそこ実用的なスペック

・(プラスαで)こだわりを持てるような機種(またはメーカー)自体の個性

を兼ね備えている端末が令和元年にトップを取れるスマートフォンなのではないかと思います。

 

 

つまり、発売再開したZenFone Max Pro M2が日の目をみるということですねわかります。

kansou-roy.hatenablog.com

 

 

とまぁ新元号早々強引に結論づけて、ASUS推しを強調しましたが、果たしてどうなるのでしょうか。

まずはこの後の夏商戦、そして9月に来るであろう新型iPhoneの発表に注目ですかね。

 

それではまた!( ^_^)/~~~