ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、思ったこと、ライフハックになりそうなこと(主にガジェット系)を綴るブログです。

ZenFone Max Pro(M1) を1週間使ってみた感想

みなさんこんにちは。

 

 

前回のブログでAndroidスマホデビューについて話しました。

kansou-roy.hatenablog.com

 

ただまぁこの時は物欲を満たした直後からだったので比較的テンション高めでした。

今回は実際しばらく使ってみてどうだったかを語りたいと思います。

 

まずはいいところから。

 

1.頭がおかしいバッテリー

まずはこちらをご覧ください

f:id:ryorx1104:20190218234431j:image

これ、フル充電から三日経った夜です。

 

ほんとにまぁ、減らない。5000mA+(無駄アプリのない)ピュアAndroidは伊達じゃありません。

ゲームとか入れてないのもあるかもしれませんが、普段使いで結構ネットサーフィンとかしても中々減らないです。

ROYはあくまでサブ機なんですが、メインで使っても二日は持つんじゃないかな、と思います。

 

 

2.画面が綺麗+占有率が高い。

写真はKindle fireとの比較ですが、画面の占有率の高さが如実にわかります。サイドはほぼベゼルがありません。手で持つと、画面を握っているかのような感覚になります。

f:id:ryorx1104:20190218234729j:image

また、そこまで期待してなかったのですが、結構フルHD+の画面の画質は綺麗です。

 

3.指紋+顔認証は超便利。

これは個人的にかなりいいと思いました。意外と顔認証がスムーズで早いんです。

また、指紋認証も、画面の裏のちょうどいい位置にあるので、結構さっととってすぐに認証できます。

 

 

 

 

いかがでしょうか?価格を考えるとやはりかなりいいスマホだと思いませんか?

 

ただ、いいことばかりではありません・・・。

 

1.リバースチャージ はすぐに使えない

正確には使うのに面倒な準備が必要、という話です。

この端末の特徴として、ほかの電子機器を充電できるリバースチャージ 機能があるのですが、対応端子がMicro-USBなのがネックになります。

オス端子から他のオス端子、というケーブルはなかなかありません。

これがUSB-Cならまだ色々あるのですが…

 

例えばiPhoneを充電するのに最も近道なのは、

純正品のUSB-C to Lightningのケーブルを買って、更にどこかで、USB-CとMicro-USBの変換コネクタを買わなければいけません。

 

なんか、ゲームボーイの通信ケーブルを彷彿とさせますね…(唐突なおっさんアピール)

目玉機能だと思うので、できれば付属品でケーブル付けて欲しかったな…

 

2.やっぱちょっと大きい

でかいです。持ちづらいです。片手持ちで操作はまず無理。

(ただ、逆にこの端末サイズで6インチ液晶搭載できているのはかなり異常なんですけどね)

 

 

3.もう少し買うの待ってたら・・・

 みなさん知ってますか?ASUSが3月頭に新製品発表会をやることを。

え?なんのかって?

 

 

 

 

 

 

 

ZenFoneMaxの新製品ですが何か?

ええ、ROYは情弱でした。というかよりによってMaxだけかよ・・・

k-tai.watch.impress.co.jp

 

ここで発表される機種はすでに台湾などで出ている後継機のM2(の日本版販売の発表)であるという話が濃厚です。

M2は画面がノッチ付きの6.2インチと若干大きめ。チップセットもSnapdragon660搭載と少しグレードアップしてます。

機能はぶっちゃけあんまり変わらないのですが、個人的にはこれでM1の価格が下がるんじゃないかと少し後悔してます。

まあ、欲しいものは欲しい時に買うのが一番いいんですけどね。

 

 

 

みなさんも、ZenFone Max Pro M1、いかがでしょうか?

満足度の高い端末であることは保証します。

 

 

 

 

ではまたー( ^_^)/~~~