ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、観たもの読んだものの感想を書きためるブログです。

iPhone XRとキャリアの悲哀

みなさんこんにちは。

 前回、こんなブログを書きましたが・・・

kansou-roy.hatenablog.com

 

このブログから数日も立たないうちに、もはや悲鳴が聞こえてきそうなニュースです。

iphone-mania.jp

これ、なにがすごいって、「一括25920円」というところです。

実質ではなく、一括

割引額ではなく、販売額が25920円

 

つい1ヶ月前に発売したばかりの機種がこの価格というのは、セールというよりもはや投げ売りに近いです。

どれだけ売れてないの・・・というiPhone XRの実情が改めて晒されることになりました。

 

だがしかし、そこはキャリア最大手のドコモ。

流石に購入条件として「機種変更は対象外」という条件をつけてきました。

そう、この料金で購入できるのはMNP利用者か新規契約者だけなんです。

既存ユーザーを大事にしない傲慢な姿勢は流石ですね(皮肉)。

ということで、他キャリアも追従する可能性はあります。

 

ここまでの価格になってくると、格安SIMユーザーのROYも魅力には感じます。

実際、キャリアユーザーは自分の料金プランを把握していない=機種変更は端末価格で決める、という方が多いので、MNP転入者なんかは結構増えるのではないでしょうか?

 

ただ、iPhone XRに関して注意しなければいけないのは、決してこれが革新的な端末ではないということ。CPUのスペックは向上しているものの、言ってしまえば「iPhone Xからデュアルカメラと有機ELディスプレイを引いた端末」です(もっとも、それでも元の価格帯の他機種と比較してもかなり高性能な端末ですが)。

 

かつてiPhoneが売れに売れていた時代(iPhone 4iPhone 5sあたり)は、こういった値下げは市場浸透戦略として非常に効果的でした。(Androidに不出来な端末も多かったので、iPhoneのプレゼンスはかなり高かったと思います。)

 

が、今はiPhone自体が「高くていいスマホ」と認知されている時代。

こういった値下げはブランドイメージが下がるといった逆効果になる可能性も否めません。

 

果たして、市場がどういった評価をするのか、非常に見ものです。

色々書きましたが、Appleユーザーとしては、今回の値下げがいい方向に進むことを願ってます。

他キャリアを含めて、今後の動向は注視していこうと思います。

でも来年は頼むから発売機種を絞ってくれ・・・(切実)。

 

ではまた(*^◯^*)