ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、観たもの読んだものの感想を書きためるブログです。

日本代表の冒険と落日

みなさんこんにちは。いや、おはようございます

 

寝苦しくて起きたらちょうど3時だったので、これは僥倖とばかりに、日本対ベルギーをフルで見てしまいました。

そして今悲しみにくれてます。

 

ちなみに試合の結果はこちら。

f:id:ryorx1104:20180703050653j:image

まずは、ベルギー相手に2点を取った、しかもリードしたということは、非常にすごいことだと思います。

贔屓目もありますが、試合としては今回のW杯の決勝トーナメントの中でベストゲームといえる試合でした。

ただ、一方で、負けたことで日本代表には色んな問題が残る試合になってしまいました。

 

問題① 詰めが甘く、勝ちきれないのが日本サッカーだという証明をした

今日の試合はベルギー優勢ながら、後半に日本が2点を先制するという信じられない展開でした。にもかかわらず、最終的には3失点。最初の失点は相手もたまたま入ったみたいなゴールだったので仕方ないですが、交代策にやられた2失点目、終了間際の振り回されての3失点目は「あーあ」という感じ。

ただ、元々守りに入ったら勝てないチームなのはわかっていたので、どちらかというとノってる時に3点目を取れなかったことの方が問題でした。

サイドの深くまで侵入した際に、ペナの真ん中に空いてたスペースに走り込む選手もあまりおらず、そもそも折り返しのパスが出ません。

まだ、得点シーンは中央への飛び出しとペナ前でのミドルと、いずれも真ん中でしっかりとプレイ出来たこと。にもかかわらず、中央でボールを持ってもあんまりチャレンジできない。特に香川は、いいシーンもありましたが、変に司令塔然としてて持ち味の突破力や得点力は鳴りを潜めてました。

結局、勝負すべきところで一対一をきちんとできないのがベルギーに勝てなかった最大の理由となり、ハリルホジッチのサッカーを間接的に肯定することになってしまいました。

 

問題② 日本サッカー界に蓄積された経験値の低さ

今回は「おっさんジャパン」と言われた日本代表史上最高齢のメンバーで挑みました。結果的にベストメンバーではあったかもしれませんが、微妙な勝ち上がり方で子供の夢を奪いながらグループステージを抜けたにも関わらず、これまでのW杯の最高成績だったベスト16を突破することはできませんでした。

また、今回は日本らしいサッカーを掲げ、直前に監督を交代して、メンバーもクラブでの成績よりもこれまでの実績重視で臨んだ大会でした。

それでベスト16なんです。

 

ここから導き出されるのは「日本サッカーの限界はベスト16」ということです。

勘違いしないでいただきたいのは、ワールドカップのベスト16はすごいということです。

日本はプロリーグ発足後20年ちょっと。にもかかわらずワールドカップ6度連続出場、うち3回ベスト16は驚くべき成績なんです。

 

それでも、目の肥えてきたファンとしては、後のないおっさんジャパンはそのベスト16の壁を超えてくれるのでは、と期待してしまってました。今回の経験を次のワールドカップに持って行ってくれるのは年齢的に精々昌子と柴崎くらい。チームの世代交代ができなかったことで、経験を活かせる選手は少なくなってしまっているだけに、ベスト8進出という結果が求められる大会だったのです。

 

問題③ この結果に浮かれる関係者がいること

まぁこれはぶっちゃけ田嶋会長はとっとと引責辞任しろという話なんですがね(笑)

自分の連れてきた監督を直前で解任して、結局ベスト16で終わってしまった責任を、むしろ彼の成果にされてしまいそうなことが、日本サッカー界にとっては一番のマイナスです。

また、急遽監督に就任した西野さんも、采配には非常に優れていますが、代表チームを作り上げていく力という意味では疑問符が残る監督です。ベスト16を手土産に彼が続投した場合、日本らしいサッカーとは「スタッフの分析とおりに相手を攻略すること(試合の状況変化には対応できない)」とかになってしまいそうです。

 

とにかく、次のワールドカップに向けての四年間、日本サッカー界の動きは注視していく必要がありそうです。

今回のワールドカップが後に「日本サッカーのピーク」と言われないことを願ってます。

 

とはいえ、とりあえずしばらくは、ワールドカップという祭典を楽しみましょうヽ(・∀・)

 

ではまた( ^_^)/~~~