ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、観たもの読んだものの感想を書きためるブログです。

ドン・キホーテの挑戦〜まさかのネットブックへの回帰〜

みなさんこんにちは。

 

ある日友人から

「ドンキが2万のパソコン出すらしいぞ!」

意味不明な発言を聞いて

ねーよw、と思って調べたところ、

 f:id:ryorx1104:20171203092251j:image

 

出してました。その名はMUGA

しかも安い。本当に2万かよ…。

 

しかし、Windows搭載のPCで、貧弱CPU、メモリ2GBにストレージ32GBはヤバイ…下手するとエクセルやパワポでカクついてしまうのでは?

そうなると、自ずと使い方はネット閲覧になりますが、だったらタブレット買うんじゃ…

 

タブレットが世の中に広く出回る直前、ネットブックなんて代物が世に出た時代がありました。安いウィンドウズPCが出た!なんて思った消費者は一様に馬鹿を見たわけですが、それでも当時は気軽に手に入るネット端末だったわけです。

しかし今はそもそもノートPCは型落ちなら6万円くらいでofficeついて買えることもあります。

また、タブレットもガンガン値段が下がっていて、ニーズに合わせた多様なラインナップも揃っている状況です。

 

officeが入っているわけでもなく(kingsoftは入ってますが、少なくとも社会人としては究極に使いづらいのでむしろ邪魔)、サクサク動画が観れるようなスペックでもないこのMUGAは、こういった市場背景の中で果たしてどういった結果を出すことになるのでしょうか。情報だけ見た感じ、どうとらえても「安かろう悪かろう」を地でいくガジェットにしか見えないのですが…

 

強いて言えば、14インチの大画面タブレットは今の所ないので、出先で出来るだけ大きい画面で動画が観たい、というニーズには対応できる、というところはあります。
しかし、果たしてあるのでしょうか、そのニーズ。

 

※ちなみにこちらは某有名動画サイト系列の記事ですが、やはり動画にちょっとしたコメントなどの要素がつくとカクつくとのこと。

ドン・キホーテの1万9800円のノートパソコンをレビュー! 意外と小さくMacbook Airと同サイズ | ニコニコニュース

 

 

なおこのMUGAは店頭抽選で当たった方しか買えないとのこと。

もしお求めの方がいらっしゃいましたらお近くに最寄りのドンキへ!

 

ではまた(・◇・)/~~~