ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、観たもの読んだものの感想を書きためるブログです。

iPhone7のヒットのわけ

 

みなさんこんにちは。

 

先日発表されたiPhone7、早くもものすごい予約数を記録してるみたいですね。(数字ははっきりしてないみたいですが…)

ROYは先日大して売れないんじゃね?といったブログを書いただけに、恥ずかしくて死にそうです(^q^)

 

というわけでiPhone7のヒットの理由を考察してきます。

 

 

 

そもそもユーザーの機種変のタイミングだった

…いや、だから負け惜しみじゃないってば。

おそらく、現行のiPhone5s以前の機種を使ってる人は、iPhone7のリリースがちょうどいい機種変のタイミングになったのではないでしょうか。

思えば少し前に出たSEも買い替え需要でヒットはしましたが、爆発的というほどではありませんでした。あえてすごく乱暴な言い方をすると、中身はともかく、2年前とほぼ変わらぬデザインを出して売れるほど、甘くなかったというところでしょう。小型のiPhoneを求める声も思いの外少数派だったようですしね。何よりアップルに毎回求められている驚きが、SEにはありませんでした。

今回の場合は古い機種の焼き直しではなく、フラッグシップモデルのリリースで、かつ新色発表付きでしたから、まぁSEで買い控えた層も無事取り込めたのでしょう。

 

また、iPhone6のユーザーの多くはiPhone6sのマイナーチェンジ感を嫌って機種変を控えていたようで、その層がiPhone7に流れることによって、予約数を伸ばしているようです。

SEを含めるとなんと3世代前の機種になってしまうiPhone6ですから、ユーザーの中には待ちに待ってた人もいるのではないでしょうか。

 

 

大衆に迎合しつつ、アップルらしさも忘れない

さらに今回のiPhone7は、平たくいうと弱点がほぼなくなりました。

今まで頑なに実装しなかった防水に加え、FeliCaも対応するということで、最大シェアを誇る日本に擦り寄りまくってる感じです。(というよりも、他の国でのシェア拡大は難しい、という判断でしょう)

機種変の際も「お財布ケータイじゃないからiPhoneやめよ」が無くなるのは結構大きいのではないでしょうか。

カメラも微妙にパワーアップしてますし、総じて悪い機種ではないのは確かです。

 

ただ、ここでも傲慢さを忘れないのがアップルのいいところ。

イヤホンプラグを廃止しつつ、付属品にはlighteningイヤーパッドをつけ、肝心のBluetoothイヤーパッドはなんと別売りで約20000円。

この「いいものだよ、高くても仕方ないよね」という押し付け感がたまりません。買わないけど。

スマホの主要メーカーの中だとフラッグシップモデルのイヤホンプラグ廃止はアップルが初なので、この流れがこれからどうなっていくのかは、注目を集めそうですね。

 

 

こんなこと書いてたら

欲しくなってきました…(おい

 

上には書きませんでしたが、新型チップ(A-10 Fusion)の性能が物凄い高いとの噂を耳にして、

さすがは「A-10」の名を冠するだけあって素晴らしいものみたいですね。(わかる人にはわかるネタ)

 

ただ、ROYとしては当面は今の端末(iPhone6)のままで行こうと思います。何しろ今年格安SIM用に買ったばかりで、そんなにころころ変える余裕はないんですよねー(・ω・`)

みなさんはどうしますか?

 総じて6s持ちの方以外は損しない機種ではありますが、ご購入の際はお財布とのご相談を忘れずに。

(安くて税込約8万円の買い物って、冷静に考えれば常軌を逸していると思うんですよね…)

 

でわまた(=゚ω゚)ノ