ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、観たもの読んだものの感想を書きためるブログです。

Appleユーザーが考える、機種変したいデザインのAndroid端末とは(国内メーカー編)

みなさんこんにちは。

今日は以下記事の続きです。

 

Appleユーザーが考える、機種変したいデザインのAndroid端末とは(海外メーカー編) - ROYの身にならない批評部屋

 

先日の記事では海外メーカーのAndroid端末についてお話しさせていただきましたが、今回は国内メーカーについて注目の端末を紹介させていただきます。 

そもそも国内メーカーのスマホは、当初どちらかというと奇抜なバグが目立ってしまって、シェアをiPhoneに奪われたという流れがございますが、デザインという観点ではなかなか光るものが多数ありました。

2014年あたりから使用に耐える端末が増え、現在はiPhoneを含め海外スマホの持っているシェアを追いかけている状況ですが、果たしてデザインのほうはどうなったのか…

 

 

① これがVAIOの開発精神なのだ! 「VAIO PHONE A」

f:id:ryorx1104:20171209100544j:image

特長|VAIO Phone A | VAIO

Xperiaソニエリではなくソニーが作るようになったのでそっちも紹介しようか迷いましたが、敢えて分家となったVAIOスマホを紹介します。先に言っておくと、もし国産のスマホが欲しいなら、これ買えば間違いないです(え

アルミ切り出しのような丸みを帯びたデザインに、背面のVAIOの文字が高級感を引き立てます。

そしてなんと、国産スマホでは非常に珍しいDSDS対応で、SIMが2枚させるので、海外旅行に行くときなんかも便利です。

 

 

 

② ワロウズ?昔の話さ。「arrows  M4」

f:id:ryorx1104:20171209094302j:image

arrows M04 - スマートフォン - FMWORLD.NET(個人) : 富士通

日本のスマホ、といえば富士通

「ワロウズ」の謗りを受けようと、スマホ黎明期から挑戦を続けて、今に至るまで作り続けている姿勢は本当にすごいと思います。

最近のスマホにあまり見られない、カチッと作った感じのデザインがROY好みなので選出してみました。

搭載しているCPUはスナドラ410、メモリは2GB(プレミアム版は3GB)と少し物足りないスペックですが、普段使いなら十分。

もちろん、防水にワンセグ、お財布ケータイと国産スマホ三種の神器をしっかりと備えてます。MVMO端末なので、安く国産スマホを手に入れたい方はおススメです。

 

 

③ 漢のスマホ「torque G03」

f:id:ryorx1104:20171209094016j:image

TORQUE® G03 | 製品情報 | スマートフォン・携帯電話 | 京セラ

これはキャリアの端末なんですが、ROYはこれにしたいがためにauへのMNPを検討したほどです。

まず、前面がかっこよすぎてヤバイ。メッシュみたいなスピーカーに、バンパーのような縁。

そして他の端末と違うのは、側面。

やたらボタンやら何やらがあり、男心をくすぐります。

アクションカメラ的なソフトウェアを搭載しているカメラに、防水どころか海水もOKというアウトドアっぷりにも魅力を感じっぱなし。

スタイリッシュではないですが、スポーティで漢らしいスマホです。

 

④ 復活のシャープ 「AQUOS R」

f:id:ryorx1104:20171209100235j:image

主な特長|AQUOS R|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

ROYはiPhoneにする前はずっとシャープの携帯を使っていました。なので、経営が傾いたという報道を聞いた時は結構大きなショックを受けました。

しかし、このAQUOS Rはそこから復活を遂げたシャープの象徴になるのではないか、そう思えるくらい良いデザインの端末です。

ぶっちゃけ、iPhoneみたいなデザインで、目新しいものはそこまでないのですが、カラバリが良い高級感を出しています。(実際ハイエンド端末なんですけどね)

また、シャープとしては初の全キャリアでブランドを統一した端末です。当然、名前もAQUOS Rで統一されています。これも海外製のスマホに倣った「キャリアに頼らない」姿勢を目指すいい変革だと思います。

 

 

 

今回はこんなところでしょうか。

今回はあくまでデザイン重視で選んでみましたが、もちろん、他の国内メーカーのスマホがダメというわけではないです。

あくまで次はandroidにしたいなぁ、とお考えのiPhoneユーザーの方がショップに行く際の一助になれば、くらいで書いているのでご容赦を。

 

ではまた(^^)/~~~

 

 

 

 

 

 

ドン・キホーテの挑戦〜まさかのネットブックへの回帰〜

みなさんこんにちは。

 

ある日友人から

「ドンキが2万のパソコン出すらしいぞ!」

意味不明な発言を聞いて

ねーよw、と思って調べたところ、

 f:id:ryorx1104:20171203092251j:image

 

出してました。その名はMUGA

しかも安い。本当に2万かよ…。

 

しかし、Windows搭載のPCで、貧弱CPU、メモリ2GBにストレージ32GBはヤバイ…下手するとエクセルやパワポでカクついてしまうのでは?

そうなると、自ずと使い方はネット閲覧になりますが、だったらタブレット買うんじゃ…

 

タブレットが世の中に広く出回る直前、ネットブックなんて代物が世に出た時代がありました。安いウィンドウズPCが出た!なんて思った消費者は一様に馬鹿を見たわけですが、それでも当時は気軽に手に入るネット端末だったわけです。

しかし今はそもそもノートPCは型落ちなら6万円くらいでofficeついて買えることもあります。

また、タブレットもガンガン値段が下がっていて、ニーズに合わせた多様なラインナップも揃っている状況です。

 

officeが入っているわけでもなく(kingsoftは入ってますが、少なくとも社会人としては究極に使いづらいのでむしろ邪魔)、サクサク動画が観れるようなスペックでもないこのMUGAは、こういった市場背景の中で果たしてどういった結果を出すことになるのでしょうか。情報だけ見た感じ、どうとらえても「安かろう悪かろう」を地でいくガジェットにしか見えないのですが…

 

強いて言えば、14インチの大画面タブレットは今の所ないので、出先で出来るだけ大きい画面で動画が観たい、というニーズには対応できる、というところはあります。
しかし、果たしてあるのでしょうか、そのニーズ。

 

※ちなみにこちらは某有名動画サイト系列の記事ですが、やはり動画にちょっとしたコメントなどの要素がつくとカクつくとのこと。

ドン・キホーテの1万9800円のノートパソコンをレビュー! 意外と小さくMacbook Airと同サイズ | ニコニコニュース

 

 

なおこのMUGAは店頭抽選で当たった方しか買えないとのこと。

もしお求めの方がいらっしゃいましたらお近くに最寄りのドンキへ!

 

ではまた(・◇・)/~~~

 

 

 

 

 

 

Appleユーザーが考える、機種変したいデザインのAndroid端末とは(海外メーカー編)

みなさんこんにちは。

 

突然ですが、ROYの周囲は意外とiPhoneユーザーが少ないです。

特に昼休みに一緒にご飯を食べるメンバーはみんなAndroidスマートフォンを使ってます。

そんな中、最近iPhone8を買ったことも理由なのか、そんな周囲の人間に

「ROYは多数派なんだな」

「マカー(Appleユーザーを揶揄した表現)め」

と言われのない中傷を受けます(まぁ、ネタですが笑)

 

 

別にマカーのつもりはないのですが…

ただ、たしかにスマホiPhone、音楽はiPod touch、自宅のパソコンはMacBook Pro

 

すみません、マカーでしたね(゚o゚;;

(だってそのときそのときでいいものを選んだらこうなったんだもん…)

 

 

しかし、個人的には、最初に iPhoneを購入したタイミングよりも、現在はAndroid端末も非常に良いラインナップになってるな、と感じてます。特にデザイン面。

iPhoneXで少し刷新はされましたが、iPhoneのデザインは基本的には何年も変わってません。

一方Androidは、ここ二、三年で随分スタイリッシュな端末が増えたように思います。(コモディティ化が進む業界で必死に独自路線を探すメーカーの努力には頭が下がりますね)

また、そもそもが高額なiPhoneに対し、たとえハイエンドでなくても、十二分に動く端末が多い点もAndroidは魅力的です。

 

そこで今日は、もしマカーのROYがデザイン重視でAndroid端末を選ぶなら、ということを考えていこうと思います。(格安SIM運用を意識して、一旦海外メーカーのみで考えます)

なお、今回はデザイン重視を意識して、ミドルレンジ端末の紹介が中心になります。

 

え、Samsung?GALAXY note8?

Who wants stylus?

 

 

①オシャレな裏口「Huawai P10 lite」

f:id:ryorx1104:20171124204636j:image

HUAWEI P10 lite スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

人民解放軍の方が経営に関わってるらしいHuawaiから登場した、正直2017年11月現在最もコストパフォーマンスが高く、秀逸なデザインの端末。

実機を量販店で見ましたが、ハッキリ言ってかなりカッコいいです。これがアンダー3万円ですか?というレベル。

唯一の懸念は過去のHuawai端末で話題になったバックドアの問題ですが、そういった疑惑を気にしない方なら買いでしょう。

 

 

おフランスからの刺客「ALCATEL IDOL4」

f:id:ryorx1104:20171124203604j:image

Alcatel mobile | Japan - IDOL4 - Smartphones

デザインより売り文句の日本語の方が危険なALCATELの端末。

実は海外では既に4S、5Sが出ており、実は型落ちモデルではあるんですが、日本ではこれが事実上の最新上位機種。

こちらもとにかくデザインがカッコいいです。

動作も、前述のP10liteほどではないものの、スナドラ617というミドルスペックのCPUと3GBメモリで比較的サクサク動きます。

また、JBL社製のイヤホンとこの端末専用のVRゴーグルも付属してくるのですが、恐ろしいのはその値段。

今は値崩れしているため、付属品も全てコミコミで15000円を切る値段で手に入ります。

懸念としてはOSが依然としてAndroid6.0なことです…なんとかしてよALCATEL…。

 

③台湾の一番星「ASUS zenfone3」

f:id:ryorx1104:20171124210512j:image

ZenFone 3 (ZE520KL) | スマートフォン | ASUS 日本

もはや格安SIM界ではど定番となったASUSも、紹介しておきます。

これも既に型落ちモデルなのですが、アンダー3万円で買える性能なの?というくらいハイスペックです(実は画素数だけでいえば後継機のzenfone4より高い)

すぐに機種変を検討している方なら十分候補に入ります。

ただ、ASUSのことなので、現在6万円近い価格のzenfone4ももう少ししたら価格を下げてくるだろうなとは思いますが…(既に廉価版は発表されました。)

 

④フランス勢は1人じゃない!「Wiko VIEW」

f:id:ryorx1104:20171124212312j:image

Wiko Mobile - VIEW - 32GB

画像は端末紹介のページのトップ絵です。

これ見てROYは「観光地の顔ハメかよ」とつい吹き出しちゃったので貼っときました。

ALCATELに続くフランス勢第二の刺客、Wiko 社の最新端末です。

なお、端末自体の画像はこちら。画像だとマットな感じに見えますが、どことなくiPhone7ぽい色合いです。個人的には好きなデザイン。

f:id:ryorx1104:20171124212510j:image

 

搭載しているCPUはスナドラ425と、これまで紹介してきた端末に比較すると少し見劣りはしますが、実用に足る性能ではあると思います。

(Wiko社の端末がそもそも低価格路線なので、どうしてもCPUは低スペになりがちです。)

 

⑤豊富なオプションでフォームチェンジ!「MOTOROLA motoZ2 PLAY」

f:id:ryorx1104:20171124214934j:image

Moto Z2 Play- Android スマートフォン | Motorola JP

今回紹介した中では最も高い5万円台の端末です。しかしデザインは洗練されていて非常に良いです。

そしてなによりこの端末はこれで終わりではないのです。

 

公式サイトの売り文句はこちら

Moto Mods でトランスフォーム (変進)し、機能を拡張!

変進ってなんだよ、と思いつつも心踊る言葉。

その答えはこちら。

f:id:ryorx1104:20171124215713j:image

Moto Mods Landing Page | Motorola

画像は代表格の光学ズームカメラですが、この他にも、バッテリーパックやプロジェクターなど多種多様なオプションパーツがあり、どれも背面にくっつけてすぐ使えるようになってます。

ただまぁ、本体と別売な上にそれぞれが非常に高額なので、もの好きな方でなければおそらくあまり手は出さないかとは思います…。

(ちなみに変進機構のないmotoG5という端末もあり、そちらはスペックが落ちますが価格がもう少しお手頃になります。)

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

今現在、「デザインが良い」なんて理由でiPhoneを使ってるみなさんは、Androidを選択肢の一つとして選んでみるのもいいかもしれません。  

 

 

 

 

ま、ROYは変えませんけどねヽ(*^ω^*)ノ←台無し

 

 

 

ではまた(^ω^)

 

 

 

 

ここまでわかりやすい人だと思わなかった〜小池都知事代表辞任〜

みなさんこんにちは。

 

今日はまずこのニュースを…

【小池代表辞任】小池百合子氏は自らの国政復帰を「リセット」(1/2ページ) - 産経ニュース

 

ちなみにここまでの小池都知事のお仕事はこちら

 

鳴り物入り都知事になる

築地市場問題で大混乱をまねく

でも調子に乗って都議会政党を立ち上げて大勝

怖くなって政党から逃げ出す

衆議院選挙でまさかの新党立ち上げ

惨敗して共同代表を国会議員から立てる

党代表辞任(今ここ)

 f:id:ryorx1104:20171115211237j:image

 

ここまで好き放題やった政治家は歴史上見てもあんまりいません。

都知事という保険を盾に、自分を押し上げてみて、旗色が悪くなったら引く。まさしく大衆の描く悪い政治家そのものです。

 

正直「まさか希望の党の代表は辞めないよな…?」と思っていた矢先なので、とても残念。

先の衆院選で、立憲民主党が躍進して「正気かよ」と思ったのですが、なるほど国民は小池都知事のこういった卑劣な側面を見抜いていたのかもしれません(投票すると実質菅内閣支持者になるので、そういう意味では立憲民主党も違う気はしますが…)

 

都民としては今後も都政をこの人が与るのかと思うと不安で仕方がありません…

 

うっかり都知事もやめないかな…

 

とりあえず今日はこの辺で。

愚痴のようになってしまいすみません。

 

ではまた*\(^o^)/*

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにシンゴジラを観たら感想書きたくなった

みなさんこんにちは。

 

 

今日は地上波初のシンゴジラだったので、ROYも珍しくテレビの前で座ってました。

f:id:ryorx1104:20171112231328j:image

 

ROYは大分前にシンゴジラについてこのブログ内で書いてましたが、

シン・ゴジラの高評価が多すぎて気になったので批判してみる - ROYの身にならない批評部屋

 

 

改めて観てもやっぱり面白くて、また書きたくなったので書いてみました。

まず、自宅で観てもそこそこ面白いのは、シンゴジラが単なる怪獣映画ではなくあくまでお仕事系の人間ドラマであるからでしょうか…。

半沢直樹陸王、古いところで白い巨塔など、お仕事系のドラマって結構やってますが、これらの作品は人対人の利害関係から来るバトルがあり、なんというか、それが逆にリアルさを欠く要因になってます(権力闘争は大衆の好物なので、人気は出ますけどね)。本当の仕事はそんな事件ばっかりじゃないよ、と突っ込みたくなることが多いです。

 

対してシンゴジラは、ゴジラという巨大な虚構はあるのですが、基本的に一つのプロジェクト完遂に向かって突き進んでいく社会人のドラマです。人ではなく仕事に向かって登場人物たちが戦っているところに、なんとも言えない共感が湧いてくる作品です。

 

決して子供向きではないですが、色々な人が明日頑張ろう、と思える作品です。

 

そして、何よりすごいのはそんな作品をよりによって日曜の夜に流すテレ朝ですね(笑)

明日の仕事は頑張ろう…

 

今日はこの辺で。

ではまた( ^_^)/~~~

 

 

 

動画配信サービス界の風雲児となるか〜TSUTAYAプレミアム〜

みなさんこんにちは。

 

少し古いニュースですが、TSUTAYAが、店舗での借り放題と動画配信のハイブリッドサービスである「TSUTAYAプレミアム」をスタートさせましたね。

f:id:ryorx1104:20171107031709j:image

 

TSUTAYA取り置きアプリ - TSUTAYA [T-SITE]

 

店舗の借り放題も含むあたりがROYの心を揺さぶって仕方ないこのサービス。

今回はこのTSUTAYAプレミアムの良いところ、悪いところを見ていこうと思います。

 

 

・良いところ①「観たい作品が配信されてない」→店舗で借りられますよ、という便利さ

とかく動画配信サービスには、配信される動画に限りがあるので、「なんだよ、あれ観れないのかよー」なんてことがザラにありますが、TSUTAYAプレミアムなら安心。配信対象にない作品も店舗で借りられるのです(ただし旧作に限る)。

コンテンツパワーが強く、配信対象になりにくい作品(ディズニー、ジブリなど)も店舗ならあっさり借りることが出来ます。これで月々1000円は中々お得。ここは、レンタル大手ならではの強さをうまく使っている感じがしますね。

 

・良いところ②(配信のみ)アダルト見放題

諸兄におかれましては、Hulu、Netflix、プライムビデオにてアダルト動画の配信がないことに憤りを覚えた方もいるでしょう。

TSUTAYAプレミアムなら安心。店舗での借り放題の方は対応してませんが、配信の方ならアダルトも見放題です。

 

 

・悪いところ①配信動画の少なさ

TSUTAYAプレミアムは、「店舗での借り放題」+「動画見放題」の抱き合わせサービスなのですが、「動画見放題」の方はラインナップがプライムビデオに劣るくらい貧弱。つまり、店舗に行くことを前提としたサービスなのです。

 

 

・悪いところ②登録店舗によって捗り方が違う

それなら店舗にいけばいいじゃん、という話ですが、ここで借り放題対象が「旧作のみ」という問題が発生します。

TSUTAYAプレミアムの借り放題は登録した1店舗でしかサービスを受けられないので、新作重視の店舗ではそもそも借りたい作品が置いていないということも発生します。また、レンタル期限が無期限なので、返却が滞っていて観たい作品を借りられない、ということも。

旧作でも人気作の場合は思ったほどスムーズに借りられないかもしれません。それで月1000円取られるとはなんか割高感がありますよね。

 

 

・どんな人が、向いてるサービスなのか

これらのことを考えると、決して万人向けのサービスでないことがわかります。

 

では、どんな人に向いてるかというと…

・徒歩圏内にTSUTAYA店舗がある人

・月に10本以上映画を動画配信サービスで観る人

・世間的にはアダルト目的でないと見せかけてアダルト見放題サービスを享受したい人

・HuluやNetflixにも無いような作品を沢山観たい人

 

逆に向いてない人としては…

TSUTAYA店舗まで歩きたくない人

・プライム会員で、動画以外のサービスも利用している人

・すでにHuluやNetflixで満足している人

 

いかがでしょうか?

決して万能のサービスとはいえないながらも、動画配信サービスの新たな選択肢としてTSUTAYAが参入してきたことは非常に評価すべきことだと思います。

気になった方はお近くのTSUTAYAに行けばすぐに登録できるので是非。

 

ではまた( ^_^)/

 

 

 

 

 

iOS11.1でバッテリーの持ちは良くなったのか?

みなさんこんにちは。

 

今月頭にリリースされたiOS11.1、もうみなさんアップデートしましたか?

f:id:ryorx1104:20171105215653j:image

ROYはせっかく変えたiPhone8のバッテリー持ちの悪さに辟易していたので、早速アップデートをしました。

 

結果としては、気持ち変わった程度でした。

 

・そもそも、バッテリー持ちの定義とは

スマホ、携帯におけるバッテリー持ちは、大きく分けて待ち受け時間と使用時間に大別されます。

iOS11のリリース時はそのどちらも悪いという状況でしたが、今回のiOS11.1では使用時間がまだ若干悪い…くらいになりました。

 

・実際、どれくらいの減りの速さなのか 

下の画像はROYのiPhone8の待ち受け画面です。

f:id:ryorx1104:20171105215730j:image

結果画面だけでわかりにくいので補足すると、大体18:00に100%にして、

・prime music30分(Bluetoothヘッドホン接続)

・モンスト1時間

・それ以外の時間は基本LINEを少しであとは待ち受け

 

といった使い方で、この結果です。

特筆すべきはモンストで、マルチプレイ時の減りは半端なかったです…

 

・でも、実はこんなもんじゃない?

 

約3時間半で30%程度減るとなると、0%まではおおよそ12時間弱程度。

公式サイトの情報よりは少し低い値になります。

f:id:ryorx1104:20171105220827j:image

が、公式サイトの値はあくまで超理想的な環境で使った場合を掲載することが多いので、実際の使用時間がこれに近しいなら想定内なんですかね…

 

人によって使い方も違うので一概には言えませんが、今回のアップデートで概ねAppleはバッテリー問題について解消したと考えているのではないでしょうか?

だとするともう救いはないということに…

個別の設定で節約する方法も色々あるので、ここからは個人で工夫してみる必要がありそうですね。

 

ではまた( ^_^)/